★コンピューターミュージックコース
 
コンピューターミュージック
(デスクトップミュージックDTM)は、さまざまな利用法があります。
音符が読めなくても、楽器が弾けなくてもキー・マウス操作で、
好きな音楽を自分のものにする事が出来るのです。
一昔前までは、DTMは敬遠されがちでしたが、
技術の進歩により音が良くなり、これからも良くなる一方でしょう。
講師はプロとして、アレンジ制作やあるカラオケ会社のデータ作成をしております。
その実践で学んだ知識を生徒さん達に提供出来ればと思っております。
 
一般的に大きく分けて、
この2つのパターンが多いのでは?と思います。
 
1.オリジナルソングに伴奏(カラオケ)をつけたい派。 
    (行き着くとこはオリジナルCDデビュー。他ホームページ添付など)
 
2.好きな曲のマイナスワンにて練習をしたい派。
  テンポ・キーも変えられます。
  
ステップ1
コンピューターミュージックについて。
ハード・ソフトの種類、周辺機器の接続。
生徒さんの目的・目標。カラオケデータ・
市販データ等プロの打ち込みを聞く。
 
ステップ2  
セットアップ作成:
自分のスタジオ(環境)を作る。
各楽器の役割・音色等の事が分かる。
 
ステップ3
ベタ打ち(4or8小節単位):
トラックごとに打ち込む。
ドラム・ベース・コード楽器順番は自由。
まずは抑揚がなくてもOK!
キー操作やマウス等コンピューターに触れる事。
   
ステップ4
ベタ打ちのものを編集する。
各楽器の特色によるシミュレーション。
コントロールチェンジ(C.C.)を使って
音程・音量・音色等の変化を操作。
コピー・張り付けにて小節をかせぐ。
 
ステップ5
音楽的な知識。
アレンジ(リズム・コード・構成)  
DTM以外のメディア
(特に人の声、生の楽器は録音器材が必要)
パソコンで録音出来るシステムが必要。
 
トップページへ